私をニューヨークに連れて行って!

2017年09月20日

政府機関閉鎖(Government Shutdown)

Of all the geopolitical concerns out there, one of the few that doesn’t seem to vex traders and investors is the specter of a government shutdown.(中略)Neither side seems to be ramping up the rhetoric, White House budget director Mick Mulvaney said the administration wants to avoid it. But given a number of highly contentious issues – like the Trump administration’s border wall for just one example, a shutdown can’t be entirely ruled out.

【和訳】
この世の全ての地政学的懸念のうち、トレーダーや投資家が動じないとみられる数少ない不安材料の1つは政府機関閉鎖の可能性だ。(中略)議会もホワイトハウスも表面上は落ち着いている。ミック・マルバニー行政管理予算局(OMB)局長は、こうした事態の回避を目指す考えを示した。だが、トランプ大統領が唱えるメキシコ国境の壁建設をはじめ大きな論争の的となっている問題が多いことを踏まえると、政府機関閉鎖の可能性は完全には排除できない。

■vex 「悩ませる」
■specter 「怖いもの」
■ramp up「強める」
 ramp up the rhetoric レトリックを強める = 大騒ぎする

(出典:ウォールストリートジャーナル)
posted by けんちゃん at 13:15| Comment(0) | 国際政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

アマゾン対策、米クローガーは成功するか

Kroger Co. is looking for a sales bump to show investors and analysts it can withstand Amazon.com Inc.’s rapid advance in the grocery business.

Shares in the nation’s largest supermarket by store count and sales have slid 35% this year, erasing more than $7 billion in value. Investors are watching whether Kroger and other grocers can hold on to customers after Amazon’s takeover of Whole Foods Market Inc. The company reports second-quarter results on Friday.

Deep-discounting European chains and online grocers are also threatening Kroger’s market share. Food retail stocks are down nearly 20% this year, according to FactSet.

Kroger has been confronting the multitude of headwinds by slashing prices on staples, adding online ordering options and meal kits in some stores, and investing in technology to better market to consumers. It is slowing store growth, offering voluntary buyouts and ramping up other cost-cutting efforts to do so.

【和訳】
米食品スーパー大手クローガーが、米アマゾン・ドット・コムの急速な市場参入に耐えられることを投資家とアナリストに示せるような販売増を模索している。

 クローガーは店舗数と売上高で国内最大手だが、株価は年初から35%下落し、時価総額は70億ドル(約7700億円)以上減少した。投資家は、アマゾンによる米ホールフーズ・マーケット買収以降も、クローガーを含む他のスーパー各社が顧客をつなぎ留められるのかに注目している。クローガーは8日に5-7月期(第2四半期)決算を発表する。

 欧州の格安スーパーチェーンとオンライン食品販売会社も、クローガーの市場シェアを脅かす存在だ。調査会社ファクトセットによると、食品小売各社の株価は年初から20%近く下落した。

 クローガーは基本食材の値下げやオンライン販売、下処理済みの食材とレシピをセットにした「料理キット」の一部店舗での販売、消費者へのマーケティング効率を高めるテクノロジー投資などで、多方面から吹く逆風に対抗してきた。また、実店舗の新規出店ペースを落とし、従業員の早期退職を促すなどのコスト削減策を加速させている。

(出典:ウォールストリート・ジャパン)



posted by けんちゃん at 16:16| Comment(0) | ビジネス英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

アマゾン中国

Why Amazon Isn’t Ready for Prime Time in China?
アマゾン、中国で「プライム」が普及しない理由

In launching its Prime membership program in China last fall, Amazon.com Inc. was betting that the lure of hard-to-find Western goods and free international deliveries would be enough to get traction in the world’s largest e-commerce market.
●get traction「弾みがつく」

That hasn’t happened, according to retail analysts, underscoring the difficulties faced by U.S. technology companies as they try to compete in a country with high hurdles for outsiders and increasingly sophisticated competitors.
●underscore「強調する」

Companies including Facebook Inc. and Alphabet Inc.’s Google have struggled with stringent government controls and censorship, while Apple Inc. has seen its iPhone market share decline as Chinese smartphone makers offer less-expensive, high-performing smartphones.
●stringent「厳しい 」


米インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムは昨年10月、中国で有料会員サービス「プライム」を開始した。入手困難な欧米の商品をそろえて送料を無料にすれば、中国事業に弾みがつくと見込んでいた。

 だがそのもくろみは外れた。小売業界アナリストによると、外部者に対して高いハードルを設け、競合企業のサービスがますます向上している中国で、米国のテクノロジー企業が競争するのがいかに難しいかを浮き彫りにしている。

  フェイスブック やアルファベット傘下のグーグルは中国政府の厳しい規制や検閲制度に苦しんでいる。また、中国のスマートフォンメーカーが低価格の高性能スマホを販売していることで、アップルの「iPhone(アイフォーン)」はシェアが低下している。
(出典:ウォールストリートジャーナル)
posted by けんちゃん at 13:29| Comment(0) | ビジネス英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 私をニューヨークに連れて行って! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます